必ずお読みください

譲渡を希望する方へ

 

ペットを飼いたい!でもその前に

ペットは私たちの生活に潤いと安らぎをもたらしてくれます。ペットの存在が会話を増やして人間関係を円滑にしたり、子供たちに自分より弱い者に対するいたわりの心や、命を預かる責任の重さと命の大切さを教えたりするだけでなく、ペットに触れることで血圧が下がったり、表情が豊かになり心が落ち着くなどの心身の健康への効果も言われています。
今やペットは、一方的に愛情を注いだり姿やしぐさを楽しむためだけの存在ではなく、ともに暮らし、時には心を通い合わせる人生のパートナーとなってきています。
しかしその一方で、間違った飼い方をしたために、動物の存在が逆にストレスやトラブルのもととなったり、アレルギーなど様々な病気の原因になる事例も多発しています。
ペットを飼うということは、その一生を責任をもって面倒を見ることです。ペットは私たち人間と同じように、命ある存在です。毎日食べ、排泄し、眠り、運動し、その世話は休みなく続きます。ペットは意志と感情を持ち、飼い主の思い通りになりません。ペットの起こしたトラブルは、すべて飼い主の責任です。
ペットを飼うのに愛情はもちろん必要ですが、「かわいい」という気持ちだけでは生き物は飼えません。ファッションや流行、思い込みや擬人化ではなく、自分が最後まで責任をもって飼えるのか、飼い始める前によく考えましょう。
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室発行「飼う前に考えて!」より抜粋

 

 

猫を希望する方へ

● ペット飼育可のお住まいで完全室内飼いをして下さい。

自由に外出させることによって、猫同士の接触による猫エイズや伝染性腸炎・貧血・白血病・寄生虫などの病気を防げます。

また、交通事故や迷子になることもありません。

ご家族は動物を飼うことに反対していませんか?

お住まいはペット可ですか?

引っ越しや結婚・出産などの理由で動物が飼えなくなるかも...ということはありませんか?。

餌やりやトイレの清掃など動物のお世話は大変です。

ただ可愛いからという安易な気持ちで飼うのはやめてください。

● ノルウェージャンフォレストキャットはダブルコートと言って、毛量の多い種類になります。

そのため、冬はさほど寒がりませんが夏場は温度管理が必要です。特に留守中は熱中症にならないよう気を付けてください。

※冬場の過暖房による脱水にもご注意ください。

犬を希望する方へ

● 2017年、徳島県で「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症していた飼い犬を看病していた飼い主がSFTSに感染した例が報告されています。

また、2016年には、野良猫を保護しようとした50代の女性が噛まれ、SFTSに感染して死亡したという例が報告されています。

犬を散歩させる際は、草むらや公園を避けるよう注意してください。

Petit ChouChouのティーカッププードルたちはアスファルトの上だけを散歩させていますし、マダニやフィラリアなどに効く薬を定期的に使用していますのでご安心ください。

犬猫共通の注意事項

● 避妊手術を推奨しています。

避妊・去勢手術をしてくださる方に優先的にお譲りしています。

手術により生殖器の病気の予防、発情のストレスから解放されることにより寿命が延びると言われています。
スプレー(おしっこを後ろにとばすこと)や相手を求めてうるさく鳴くことを防止できます。
肥満にさえ気をつければ副作用等はほとんどないと言われていますし、幼い頃のかわいい性格を維持することができます。

獣医師にご相談のうえ、8ヶ月~1才半までの適切な時期に去勢避妊手術をお願いします。

©All right reserved by ノルウェージャンフォレストキャットキャッテリーPetit ChouChou

ロゴ、画像含む全てのコンテンツの転載・使用を禁止します